日本共産党横浜市金沢区委員会・後援会

戦争法廃止の国民連合政府を!
見解・主張

横浜にカジノはいらない ほしいのは中学校給食

2017年3月8日

カジノ依存症グラフ

 林市長は、カジノ解禁法の成立を受け、「税収確保に有効」とカジノを積極的に誘致するとしています。カジノは刑法186条で禁止されている賭博場です。

 最高裁判決でも、賭博は国民をなまけ者の浪費家にし、賭博に使うお金を得るために暴行や窃盗などの犯罪を引き起こし、モラルを乱す結果となるとしています。

 アメリカのアトランティック・シティでは、カジノ(IR施設)ができてから市内のホテルやレストランがつぶれ、空き店舗や空き地が増えたといいます。

 仮に、山下ふ頭にIRができたとしたら、周囲の関内や中華街、元町などは賑わうどころか、IRに客を奪われてしまう可能性が大いに懸念されます。

 国民成人の4.8%、536万人がギャンブル依存症であるといわれています。さらに依存症患者が増えるのは明らかです。

 山下ふ頭の再整備に130億円を計上、MM21からふ頭に通じる海底トンネルも建設しようとしています。横浜にカジノは要らない。ほしいのは、中学校給食や学童保育など子育て予算です。これが多くの横浜市民の声です。

ブログ新着記事

  • JCPWEB.JPは、日本共産党の議員・候補者・議員団・地方組織のサイト制作・管理・サポートをしています。ホームページ開設・リニューアル、ブログ制作・運営サポートなど、お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP