日本共産党横浜市金沢区委員会・後援会

戦争法廃止の国民連合政府を!
見解・主張

Q&A どうする「マイナンバー」

2015年11月12日

 10月に施行された「マイナンバー制度」。「通知カード」が市区町村から郵送されてきています。情報漏えい・なりすまし被害など危険性が高く、不安が広がっています。どう対応するか見てみましょう。


Q:通知カードがきたら?

A:大事に保管しましょう

個人番号を他人に知られないように大切に保管しましょう。

Q:個人番号カードの申請は必要か?

A:個人番号カードは任意です

通知カードと一緒に「個人番号カード」交付申請書も同封されていますが、申請は義務ではなく任意です。身分証明書として使え、当面無料で交付ですが、カード紛失・個人番号流失などのリスクが高まります。

Q: マイナンバーはどんな時に使うの?

A:確定申告などの税や社会保障など、例えば医療保険、生活保護などの申請に使用します。
 ただし、年金は情報流失問題で2017年11月まで延期し、新たに預金口座情報2018年、特定健診結果や予防接種履歴などに使用が拡大されます。

Q:メリットはあるの?

A:個人のメリットはほとんどありません。行政手続きの一部を省略できる程度です。
 国民の要求ではなく、政府が国民の所得・資産を厳しく把握し、徴税や社会保障の切り下げや大企業が3兆円といわれる市場をねらって出てきたものです。
 日本共産党は、個人情報を危険にさらす同制度の凍結・中止を求めています。

ブログ新着記事

  • JCPWEB.JPは、日本共産党の議員・候補者・議員団・地方組織のサイト制作・管理・サポートをしています。ホームページ開設・リニューアル、ブログ制作・運営サポートなど、お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP