日本共産党横浜市金沢区委員会・後援会

戦争法廃止の国民連合政府を!
コラム

18歳選挙権について

2015年7月13日

私は今年の6月で19歳になりました。ですから18歳選挙権が適応される来年の夏の参院選には20歳になっているので直接的には関係はないのですが、18歳のより若い世代が選挙権を得ることはとても素晴らしいことです。

 正直なところ、来年に20歳になる私からみると何でもっと早くから始めなかったのか疑問に思います。今まで18歳選挙権は20歳未満の若者には政治が解らないという理不尽な理由で反対されてきました。そして今、憲法改悪のために18歳選挙権を利用しようとしていることはとても許せません。

我々の若い世代から戦争する国づくりのための憲法改悪は絶対に止めなければなりません。

大道 Y


メモ「18歳選挙権、全会一致で成立」

 6月17日公職選挙法が改正されて、選挙権の年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられました。1年後の参院選から適用される見通しで、約240万人が新たな有権者になります。

 日本共産党は創立以来18歳選挙権実現を掲げており、議会制民主主義の発展の立場から賛成しました。しかしこれは2007年制定の「改憲手続法」で改憲のために国民投票の投票権を18歳にしたことから発しています。

ブログ新着記事

  • JCPWEB.JPは、日本共産党の議員・候補者・議員団・地方組織のサイト制作・管理・サポートをしています。ホームページ開設・リニューアル、ブログ制作・運営サポートなど、お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP