日本共産党横浜市金沢区委員会・後援会

戦争法廃止の国民連合政府を!
絵で綴る私の植物誌

第181回「サンゴバナ(きつねのまご科)」

2015年7月13日

サンゴバナ(きつねのまご科)

花の色がピンク色で珊瑚花と名付いた。ブラジル原産で江戸末期に渡来。背丈はせいぜい50㎝位だが小低木。草ではない。6月頃から咲きだす夏の花。私は20数年前に手に入れ鉢植えで育てているが、幸い枯れずに今年も見事に花を咲かせてくれた。以前取上げた「タイマツバナ」に花の形が似ているが、タイマツバナはゴマノハグサ科で、花は真っ赤だ。キツネノマゴとは変わった名だが、日本に自生している「キツネノマゴ」という草があり、その花序の形で名付いたそうだ。

ブログ新着記事

  • JCPWEB.JPは、日本共産党の議員・候補者・議員団・地方組織のサイト制作・管理・サポートをしています。ホームページ開設・リニューアル、ブログ制作・運営サポートなど、お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP